旦那さんの地元?奥さんの地元?結婚式場

式に出席する親戚や友人、知人が多いほうの地元で行うのもひとつ

カップルが遠距離に住んでいる場合、どちらの地元で挙式をするかは悩むところでしょう。昔ならば、嫁に行くのであるから新郎の地元で行うことが一般的だったようです。 いろいろな方法がありますが、まず挙式をするとなった場合に参加してくれる人が多いほうの地元で式をするというのも、ひとつの方法です。 親戚や友人、会社の人などに参列してもらうときに、やはり遠方から式に行くのは大変なものです。来てもらうとなると、お車代を用意する必要もあります。ゲストの労力、新郎新婦の経済的な面、このどちらからしても、ゲストが多いほうの地元で行うことが賢い選択だといえるでしょう。 夫婦二人だけの問題ではないので、両家の親ともよく話し合って、どちらの地元で行うのがベストかじっくり考えましょう。

間で行ったり、どちらかの地元で挙式してもう一方で二次会を

新郎新婦の実家が離れている場合、ちょうど真ん中地域で挙式を行うカップルも見られます。ただ、二人の距離が隣り合う県くらいならばいいですが、東北と関西くらい離れている場合、間で行うにしてもやはりゲストにとっては遠いものでしょう。また中間地点で挙式した場合、かなりたくさんのゲストにお車代を用意する必要が出てくるので、お金の面でもシビアになってきます。 そのほかの方法として、例えば旦那さんの地元で結婚式を挙げて、新婦側の地元でまた別の日に二次会パーティーを開くというのも、なかなか良い案ではあります。二回結婚式を開くのは大変なので、ひとつはレストランなどで二次会パーティーにするのです。そうすれば、たくさんの人が二人の幸せな姿を見ることができますよね。

少人数で挙式