どんな料理にする?結婚式

予算と相談し、無難な物にする

結婚式ではついつい舞い上がってしまい、式場のスタッフの方の後押しもありどうしても高くなりがちです。一旦冷静になって、予算ギリギリではなく少し余裕を持つといいでしょう。予算ギリギリにしてしまうと、その他の演出にも響いてきてしまいます。基本的に式場のシェフはどこも腕のいい方たちなので、少し予算を減らしたくらいでは味は落ちませんし、その予算内で最高の食材を用意してくれます。 また、普段口にしないものよりも無難な食材の方が喜ばれるケースがよくあり、食事は精神を落ち着かせる効果があるため、珍しく高価なものだと逆に緊張してしまう場合があります。結婚式は祝ってもらうものです。相手の事を考えたコースを選ぶことで、さらに良い式になるでしょう。

出席者に必ず聞いておきたいこと

無難な料理にすれば必ずいいというわけではなく、個人には好き嫌いがあるので、事前に聞いておきましょう。どうしても食べられないということ以外、特に気にすることではありませんが、中にはアレルギーを持っている方がいます。 結婚式当日では遅いので、式の招待状を作るときに、アレルギーの有無を書いてもらうスペースを用意するといいでしょう。その後のやり取りや代替の食材の選択がスムーズに行うことができます。余計なトラブルを避けるためには事前にすべて終わらせておくことで、新郎新婦だけではなく、出席者も満足させられることができます。アルコール類も好き嫌いがあるので、数種類用意し、飲めない方や未成年の方用にジュースも用意するのが吉です。

二人だけの結婚式